• ¥ 374
  • SOLD OUT
  • レモンパフは、爽やかなレモンの香りがするビスケットです。 スリランカへ旅行に行った人がお土産として買ってくることも多い人気のお菓子です。

  • ¥ 665
  • SOLD OUT
  • ※ただいま在庫としてある品は、同じメーカーのアルミ容器です。 キトゥル(クジャク椰子)の蜜のキトゥルトリクルを煮詰めて作った、キトゥルジャガリーです。ジャガリーは英語でシンハラ語ではハクルといいます。コクのある甘味があり、ミネラルも豊富です。 スリランカでは、苦い飲み物を飲むときにかじりながら飲むとか、ワタラッパンの材料としても使われます。 ジャガリー(ジャグリー)は、南アジア・東南アジアでいろいろな椰子から作られます。ココ椰子、パルミラ椰子(オウギ椰子・サトウ椰子)、ナツメ椰子など。またインドで作られるグッドと呼ばれる色の薄い黄色のジャガリーはサトウキビから作ったものです。

  • ¥ 1,338
  • キトゥルトリクル,キトゥルパニ,キトゥルハニーと呼ばれ、スリランカでハニーといえばこのことです。職人が、主に自然に自生している孔雀椰子(キトゥルヤシ)に登り、集めてきた花の蜜を煮詰めて作った天然甘味料です。 イノシトールを含有しており、脂肪の流れをコントロールする働きがあるため、肥満や動脈硬化の予防の他、抜け毛や湿疹にも良いとされています。砂糖に比べて血糖値があがらないので、スリランカでは糖尿病の人がお菓子やパンを食べるとき、紅茶を飲むときにはよく使われます。キトゥルの果糖はインシュリンの放出を抑え、キトゥルに含まれるミネラルは交換神経と副交換神経のバランスをとり、精神を安定させるそうです。

  • ¥ 744
  • キトゥルトリクル,キトゥルパニ,キトゥルハニーと呼ばれ、スリランカでハニーといえばこのことです。職人が、主に自然に自生している孔雀椰子(キトゥルヤシ)に登り、集めてきた花の蜜を煮詰めて作った天然甘味料です。 イノシトールを含有しており、脂肪の流れをコントロールする働きがあるため、肥満や動脈硬化の予防の他、抜け毛や湿疹にも良いとされています。砂糖に比べて血糖値があがらないので、スリランカでは糖尿病の人がお菓子やパンを食べるとき、紅茶を飲むときにはよく使われます。キトゥルの果糖はインシュリンの放出を抑え、キトゥルに含まれるミネラルは交換神経と副交換神経のバランスをとり、精神を安定させるそうです。

  • ¥ 291
  • ワイルドカルダモンはブラックカルダモン,ビッグカルダモン,ブラウンカルダモンなどとも呼ばれています。通常のカルダモン(グリーンカルダモン)より大粒で樟脳に似た強い香りがあります。 香り付けや肉や魚の臭み消しに使われます。ビリヤニにもよく使われます。

  • ¥ 312
  • バジルシードは、水に30分ほど漬けておくとゼラチン状の膜を作り体積が30倍近く膨らみます。ジュースやゼリー、ヨーグルトなどデザートの具材に使うと、プルプルで噛み応えのある食感がします。 膨らむ前のバジルシードを食前に飲んでおくと、体内で膨らんで満腹感が得られるので、ダイエット食品として使うこともできます。また、ゼラチン状の膜が腸壁にこびりついた老廃物をとりこみながら体外へ排出してくれるので、デトックス(解毒・排毒)食品としても有名です。

  • ¥ 229
  • SOLD OUT
  • バジルの語源は“王”の意味があるラテン語です。イタリアではバジリコと呼ばれます。 トマトやチーズ、ニンニクと相性がよく、ピザやパスタといった料理によく使われます。肉や魚の料理にも使われます。

  • ¥ 302
  • SOLD OUT
  • カレーの黄色い色はこのターメリック(ウコン)です。 研いだ後の米に一つまみいれてから炊くと、簡単にターメリックライスができます。

  • ¥ 260
  • SOLD OUT
  • スリランカの豆せんべい、パパダムです。 仕入れの都合によりただいまこちらのものを販売しています。AMAMIとありますが甘味があるわけではなく、スパイシーなパパダムです。 油で揚げると、カリカリ・サクサクのおいしいパパダムができます。手で細かく割ってご飯にかけて、その上からカレーをかけて食べます。

  • ¥ 208
  • SOLD OUT
  • 煮出して作るチャイ用の茶葉とスパイスとレシピのセットです。このセットはCafePAHANAで出しているチャイと同じ作り方です。スパイスを煮てから茶葉を入れるレシピなので、スパイスと茶葉は袋が別になっています。本品とは別に水600cc牛乳400ccを用意してください。広口ケトルがあると便利です。 ※少数・少量場合、レターパック(360円または510円)や定形外郵便を使ってお送りすることができます。 詳しくは、ブログをご覧ください。

  • ¥ 406
  • SOLD OUT
  • スリランカのココナッツの花蜜を発酵させて作った酢です。いろいろなスリランカ料理に使われます。甘い香りがします。酸味をつけるだけではなく、これを使うと料理が日持ちするようです(ナスのモージュなど)。ビーフやマトンカリーなど、肉をやわらかくするためにも使われます。

  • ¥ 749
  • SOLD OUT
  • モルディブフィッシュは、スリランカのいろいろな料理使われる食材で、日本のカツオ節に似ています。カツオ節とは鰹の種類が違ったり、製造工程も若干違います。料理に使うときは削るのではなく、砕いて使います。また、出汁を取って捨てるのではなく、具材としてそのまま食べます。

  • ¥ 333
  • シナモンはクスノキ科の木の樹皮を剥いで乾燥させたもので、スリランカ原産のスパイスです。 “これぞ本場のクルンドゥ!”と言う感じの、豪快な巻きっぷりのセイロンシナモンが入荷しました。縦に割って横にちぎって料理に使えます。 セイロンシナモンはスリランカ料理には欠かせません。また、シナモンの近似種にカシアがあり、チャイニーズシナモンとも言われています。インド・中国などではシナモンと言えばこちらのほうです。 セイロンシナモンは、ほのかな甘みとデリケートな独特の香りがあります。カシアのほうが強い香りがしますが、芳しさに欠けます。甘みと苦味かかった渋みがあります。 セイロンシナモンは高級品ですが、スリランカ業者より良質なものが入手できました。当店では、ホールスパイスとしてセイロンシナモンとカシアの両方を、パウダーはカシアを販売しています。 シナモンは消化促進、鎮静作用、強壮効果、食欲増進、殺菌作用、防虫効果、解熱、風邪症状の緩和、血糖値上昇抑制などが期待できます。 また、シナモンの成分である桂皮エキスが、血液の「Tie2」という分子の活性化を促進して、毛細血管の構造を安定させる効果があるそうです。毛細血管の老化が原因のシミ、シワたるみも防ぐ効果も期待できます。

  • ¥ 364
  • SOLD OUT
  • カクテルミックストゥアーはスリランカのピリ辛スナック菓子です。 お酒・ビールのつおまみに、大変人気があります。

  • ¥ 910
  • SOLD OUT
  • カッタサンボルの「カッタ」はカツオ=モルディブフィッシュのことです。モルディブフィッシュと玉ねぎのピリ辛フレークです。

  • ¥ 203
  • コリアンダー・シード(コエンドロ、シラントロ)には、形が違うものが2種類あります。当店では両方を販売しています。こちらの商品はインド産のフットボール型のものです。 コリアンダーは地中海付近が原産で、日本でよく売っているものはモロッコ産の丸型のものです。フットボール型はインドの一部やパキスタン産のようです。そのほかの世界の多く、インドの一部やスリランカ、タイ、インドネシアなどは丸型です。ですから、このフットボール型を植えても“パクチー”はできません。 実は葉にくらべるとマイルドで柑橘系の香りがします。ちょっとつぶして、料理の最初に油で熱して泡立ってきたところに、肉や野菜など主たる具材を加えて炒めると、ちょっといつもとは違う味と香りの炒め物ができますよ。

  • ¥ 203
  • SOLD OUT
  • コリアンダー・シード(コエンドロ、シラントロ)はパクチー、シャンツァイの乾燥果実です。 コリアンダー・シードには、形が違うものが2種類あります。当店では両方を販売しています。こちらの商品はインド産の丸型のものです。コリアンダーは地中海付近が原産で、日本でよく売っているものはモロッコ産の丸型のものです。フットボール型はインドの一部やパキスタン産のようです。そのほかの世界の多く、インドの一部やスリランカ、タイ、インドネシアなどは丸型です。 実は葉にくらべるとマイルドで柑橘系の香りがします。ちょっとつぶして、料理の最初に油で熱して泡立ってきたところに、肉や野菜など主たる具材を加えて炒めると、ちょっといつもとは違う味と香りの炒め物ができますよ。

  • ¥ 312
  • SOLD OUT
  • コリアンダー・シード(コエンドロ、シラントロ)はパクチー、シャンツァイの乾燥果実です。 コリアンダー・シードには、形が違うものが2種類あります。当店では両方を販売しています。こちらの商品はインド産の丸型のものです。コリアンダーは地中海付近が原産で、日本でよく売っているものはモロッコ産の丸型のものです。フットボール型はインドの一部やパキスタン産のようです。そのほかの世界の多く、インドの一部やスリランカ、タイ、インドネシアなどは丸型です。 実は葉にくらべるとマイルドで柑橘系の香りがします。ちょっとつぶして、料理の最初に油で熱して泡立ってきたところに、肉や野菜など主たる具材を加えて炒めると、ちょっといつもとは違う味と香りの炒め物ができますよ。

  • ¥ 340
  • SOLD OUT
  • 名古屋金山にあるスリランカ料理レストランCafePAHANAのオーナー自ら調合し、時間をかけてローストしたカリーパウダー(スワンダクドゥ)です。通常のスリランカの市販品とは異なるPAHANA独自の配合となっています。 カレーやその他、炒め物など様々な料理の仕上げにどうぞ。香りがよくなりコクが出ます。 手作りのため、少しずつしか仕入れることができません。お早めにお買い上げください。

  • ¥ 447
  • SOLD OUT
  • ゴトゥコラは、日本ではつぼ草と言われ、スリランカのアーユルヴェーダで、最も重要な若返りのハーブです。 調べるほどにいろいろと効果・効能があって、とにかくすごいらしいです。 「主に神経と脳細胞を活性化して、知性を高め、長寿を促し、記憶力を増し、老化や老衰を遅らせます。免疫機能を高め体内を浄化し栄養を補給し、副腎を強めます。また、血液をサラサラにするとか、糖尿病や花粉症に効くとか。傷口に汁をすり込むといいとも。」 このまま炒め物にするとか、水で戻してサラダとか、お茶にして飲むこともできますが、やはり食べたほうがいいと思います。 「ゴトゥコラのおかげかわからないけど、上がらない肩が治った」とお客様からメールをいただきました。ドラゴンボールを集めて神龍に不老不死を願うより、まずゴトゥコラを摂ったほうがいいのかも知れません。

  • ¥ 229
  • ランペは、スリランカカリーには欠かせない甘い香りがするハーブです。 東南アジアでは「パンダンリーフ」英語では「スクリューパイン」と呼ばれています。 実店舗では冷凍のランペを売っていますが、通販用に乾燥させたランペを用意しました。前回のものより増量。およそ8gで、使いやすいであろう長さにカットしてあります。しばらくはこの仕様で販売します。

  • ¥ 541
  • トランス脂肪酸ゼロのひまわり油が入荷いたしました。 ひまわり油が、一方では体に良いと言われるのに、また一方では体に悪いと言われるのはトランス脂肪酸が含まれているものがあるためです。トランス脂肪酸は摂取しすぎると、ガン・動脈硬化・心臓疾患の原因になると言われていますが、一定量を超えなければ問題ありません。 しかし、今回入荷したMARREのひまわり油はトランス脂肪酸ゼロなので、まったく心配ありません。もちろんコレステロールもゼロで、ビタミンEが豊富な栄養機能食品です。さらりとしていて、油を多く使う料理でもそれほどベトツキを感じません。また余計な香りやクセがないので、スパイスとの相性もよいです。 普通のサラダ油と同じように、揚げ物,炒め物,サラダなどにもお使えいただけます。値段は据え置き、しばらくは従来品と同じ価格で販売いたします。

  • ¥ 530
  • SOLD OUT
  • タマリンドはマメ科の植物で、その完熟した果実は強烈に甘酸っぱいのが特徴です。 仕入れの都合などにより、400gのものと454gのものがあります。 南アジア・東南アジアの国々で料理に酸味をつける材料として広く使われています。魚料理や、南インドのサンバル・ラッサムなどに。酢とは違うコクのある酸味がつきます。 タマリンドと水と砂糖とシナモンでタマリンドジュースも作れます。

  • ¥ 603
  • SOLD OUT
  • トルコ製のトマトペーストです。原材料はトマトのみ、約6倍に濃縮してあります。トルコの調味料“サルチャ”そのものです。サルチャは、日本で言えば味噌に相当するような、トルコ料理にはなくてはならないものです。 トルコ料理はもちろん、トマト鍋やカレーなどの煮込み料理、自家製ケチャップ、ピザやパスタの調味料などに使えます。1度では使いきれないと思いますが、写真のように製氷トレーを使って冷凍保存しておけば、使うときに便利です。